楽天カード大辞典

楽天カードに日本一詳しい主婦(自称)が運営する楽天カードの知られざる魅力を発信する生粋の楽天カードオタクのブログです。

楽天カードの審査基準はコレ

楽天カードの審査基準はコレ

 楽天カードの審査は比較的通りやすい??!

楽天カードは、比較的審査に通りやすいカードだと言われています。

主婦の方でも、ご主人の収入などによってはカードを作ることができますし、

勤め始めて間もない方や自営業の方でも審査に通ったという話も聞きます。

ただ、残念ながら無職の方に関しては、審査に通るのは難しいようです。

 

また、カード会社によっては、

一度審査に落ちてしまうと二度とカードが作れないところもありますが、

楽天カードは、もう一度申し込むと審査に通る可能性も十分にあります。

 

審査基準は各カード会社で独自に定められていますし、

各人の収入や資産状況等によっても異なってきますのでいちがいには言えませんが、

審査に通りやすくなるポイントというのは存在します。

 

例えば、自分がカード会社に勤めていて審査する立場だったとしたら、

収入はないよりあった方が、当然支払い能力があると考えますよね。

 

そのような感じで、楽天カード申し込みの時に入力した項目には意味があり、

審査の対象になっているのです。

 

そのポイントとなることを、いくつか挙げてみましたので、

参考にしてみてくださいね。

 

1.固定電話を持っているか

固定電話を持っているということは、

電話加入権を持っているということになります。

電話加入権を得るためには、最高で72,000円支払う必要がありますので、

それだけでも支払い能力的には有利になります。

 

2.固定電話を持っている人も、携帯電話の番号も記入しておく

よくあるのが、固定電話の電話番号を記入しておけばいい、

携帯に電話をかけてこられるのは面倒…というパターンです。

しかし、楽天カードの審査に通りやすくするためには、

両方記入しておくのがベストです。

 

固定電話ですと、日中留守にしていて繋がりにくい場合があります。

楽天側としては、引き落としの関係などで緊急に連絡を取りたい場合もあるため、

携帯電話の番号がわかっていた方が都合がよいのです。

 

3.勤続年数、収入

収入や勤続年数は、いちがいには言えませんが、

支払い能力という点からみれば、多い方が審査に通りやすいことは確かです。

しかし、無職でなければ、年収150万位でも審査に通った例も知人から聞いたことがあります。

 

また、ご主人がパート勤務であっても、

勤続年数が長いため審査に通った例も

キャリアウーマンの友達にリサーチして確認しました。

 

それから、世帯年収を記入する欄があります。

年収というのは、社会保険料や税金等を差し引かれる前の金額ということになります。

たまに、それらを差し引いた金額を記入してしまう場合がありますが、

世帯年収は少しでも多い方が有利になりますので、

その辺りはお間違えのないように記入してください。

 

4.キャッシング枠は少ない方が有利

キャッシング枠は少なくしておく方が、審査は有利だといえます。

どうしてもキャッシングをしたい、という人は別ですが、

ショッピングでしか利用しないという人は、

キャッシング枠は「0万円」にしておくことをおススメします。

 

楽天カードの審査で一度落ちてしまった場合の対策

以上が楽天カードの審査ポイントですが、

もし一度審査に落ちてしまったとしても諦めずに申し込むと、

審査が通る場合があります。

 

その場合には半年位間を空けて申し込みましょう。

 

同じ所に勤めていたり、同じ所に住んでいれば、

勤続年数や居住年数が増えるので、審査が通りやすくなる場合があるからです。

 

与信は半年周期でリセットされる?!

金融業界でパート暦15年のベテランママいわく 

クレジットカードも消費者金融などのキャッシング系の審査も

半年に一度刷新されるとのことで、一度審査に落ちた場合は

半年後に再度審査に挑戦してみるということが

かなり効果的な対策だということです。

 

もし審査に落ちてもこの魅力的な楽天カードをゲットしたい場合は

半年後の再審査に挑戦してみてください!

 

楽天カードはそれだけの価値のあるカードだと思いますよ!

 

 

広告を非表示にする